幸せって何だろう?誰もが望む幸せについて考えていきます。

良好な人間関係

良好な人間関係

良好な人間関係が幸せになるために必要なのはなぜでしょうか?

人は悲しいかなひとりでは生きていくことはできません。

生まれたときは親から世話を受けなければ、成長することは
できませんでした。

oyako

学校に行くようになり、集団生活を送るようになったとき、
常に自分を愛し慈しんでくれる「肉親」のような人ばかりではない、
ということに気づき始めます。

心無いいじめや、意地の悪いお友達など。

いじめが原因で登校拒否になる子供もいますし、自殺して
しまう人もいます。

それくらい、「人間関係」というのは人の幸福に寄与する
大切なものなのです。

そしてさらに成長して社会に出ると、今度は自活していくために
金銭を得なければなりません。

上司、同僚、後輩、取引先等々、関わらなければならない
人間はおのずと増えていきます。

結婚してからはご近所の人たちとのお付き合いもあります。

そのすべての人間関係がいつもうまくいくとは限りません。
健康体であってもこうしたストレスから、何かしらの
病気にかかることもあります。

たとえ豪華な家に住み、物質的には何の不自由がなかったとしても、
自分を取り巻く人間関係がうまくいっていなければ、やはり人は
孤独であり、心の平安は脅かされ、結果として幸福を感じられなく
なります。

人間関係が良好でないなら、やはり人は幸福ではないのです。

次ページは「若さと健康体であることは幸福に寄与する。」という
ことについて考えていきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional